ジュエリーデザイナー・関美奈子より

私は子供のころから物を作ることが大好きでした。イメージを実際の形に変えていく行為は、私にとって「物」との対話の時間です。 たとえばジュエリーにおいては、ヤスリを掛け加工をしながらイメージに近づけていく。

私はジュエリーデザイナーですからデザイン画ももちろん必要な場面では描きますが、デザイン画だけであとは職人まかせというのではどんなに細かく、どんなに詳しく、だれが絵を描いたところで到底すべてのイメージまで表現することはできないと考えています。ジュエリーのイメージを決定的にできるのは加工の段階です。それなので私は私の思いを伝えるべく加工もします。